コロナ禍の伊勢神宮参拝へ

スタッフブログ 観光

2020年6月コロナ禍…伊勢神宮の今

三重県では6月に入れば「新しい生活様式」を心掛けながらの県内の移動はOK

とのことなので、不要不急ではございますが、久しぶりに伊勢の「神宮」へ参拝にいきました。

コロナ禍の伊勢神宮

 

平日とはいえこのご時世、当然のことながら、内宮へつづく「おはらい町」は人もまばら・・・

おはらい町いつもはたくさんの人で賑わっているおかげ横丁もまばらです。

おかげ横丁各店舗さんの店頭にはソーシャルディスタンスのPOPやアルコール除菌スプレーなどを設置し、新型コロナ対策をしっかりされていました。

 

いざ、内宮へ

伊勢神宮内宮

参拝時間は、午前六時から午後三時までとのことです。

特別参拝や御祈祷は当面の間停止のようです。

写真は、午後三時になり宇治橋の入り口を閉鎖するしているところです。

 

3時15分前でしたが、なんとか内宮への参拝に間に合いました。

手水舎

身をお清めする手水舎(てみずしゃ)では、柄杓が撤廃されていました。代わりに木枠で作られたところからお水が常に流れている仕様になっていました。

 

衛生面ではバッチリ!しかもなんか革新的!そしてなんといっても優美!

 

古代からある神社ですが、時代に合わせていくものなんですね。

内宮

無事、内宮へ参拝できました。

普段、お目にかかれない警備の方が階段上で参拝者を見守っていました。

コロナ禍ですが、変わりなく参拝できました。

-スタッフブログ, 観光

© 2020 三重県の地元情報マガジン!なび人