こんな「大きなお寺」が、この町にあるって知らなんだ!

なび人のVol.1の特集「駅周辺を散策」では、なび人編集部の地元でもある津市一身田にある高田本山専修寺を掲載させていただきました。

古い街並みを探訪

高田本山専修寺を初めてみた方がおっしゃる言葉。「この町に、こんな大きな立派なお寺が・・・」平成29年11月に専修寺の御影堂と如来堂の2棟が、建造物としては三重県初の国宝に認定されました。国宝建造物のある専修寺を参拝して御朱印をいただいた後は、一身田寺内町をのんびりと探索してみませんか?

国宝建築物のある町!一身田(いっしんでん)

地元の方は、専修寺のことを本山と呼んでいます。小さい頃は、学校が終わると近所にある本山に行き、暗くなるまで境内で「かくれんぼ」して遊んでいたお寺です。小学生の頃は図工の時間に画板をもって写生大会に訪れた場所も本山でした。いつでも近くに本山があるので、建造物の大きさが当り前になっていたのでしょうか?修学旅行で奈良の東大寺を見ても京都の平安神宮を見た時も建造物の大きさに驚かなかった記憶があります。地元の方々も幼少時から本山を見てたから、何処のお寺を訪れても、きっと建物の大きさには驚ろかなかったでしょう。

昨年の秋に、御影堂(みえいどう)と如来堂(にょらいどう)の二棟が、建造物としては三重県初の国宝建築物に認定されました。

 

さぁ~見に行こう
祝 国宝 御影堂・如来堂

平成29年11月に専修寺の御影堂と如来堂の2棟が、建造物としては三重県初の国宝に認定されました。



キーワード